「まくら」営業、はじめました。

営業職の男です。「まくら」を極めて営業のタツジンになりたいのです。

甘くないスイーツ事情

 

 

練習?練習すればできるようになると言うのか?これだけの味を、寸分違わず再現することができるというのか。自分などに。

「無理です。何年かかるかわからない」

「そんなことはない。努力次第でどうとでもなるよ。ただし、あきれるほどの回数の失敗と、トン単位の砂糖と粉の無駄遣いぐらいは、覚悟しておいた方がいいけどね」

上田早夕里『ラ・パティスリー』

 

 

デザートは炭水化物を摂取するために必要なんだよ。体重が増えるのが心配なら、エクササイズで燃焼させればいいのさ。このハワイアン・フランのためなら、ぼくは喜んで外に行って、十キロでも二十キロでもジョギングしてくるよ

ジョアン・フルーク『ストロベリー・ショートケーキが泣いている』

 

 

 

f:id:yakiimoboy:20161211171550j:plain

(まるで切り株のようね)

 

 

 

f:id:yakiimoboy:20161211171619j:plain

(私の頭みたいな綺麗な空洞ができたわ)

 

 

 

 

f:id:yakiimoboy:20161211172054j:plain

(なんという重厚感……こんなお父さんになりたいものです)

 

 

 

 

f:id:yakiimoboy:20161211172052j:plain

(ちょっと熱をかけすぎですって?いいえ、焦がしバターにこだわった証拠よ)

 

 

 

チョコレートケーキ、シュー生地にカスタードクリーム、カトルカール、フィナンシェ――あ、マドレーヌの写真を撮り忘れちゃったわ。

 

 

 

お菓子を作っているとき、私は心を整えることができる。やっぱり、お菓子作りはやめられない。最近は特にお菓子作りに熱が入っている。お部屋には、すっかりバターと砂糖の香りが染みついてしまった。……でも、こんな自分、嫌いじゃない。

 

 

さて、今日は何を作ろうかしら?

 

――

 

 

 

f:id:yakiimoboy:20161211173814p:plain

 

女「あれ?ちょっと太ったんじゃない?」

 

男「え?」

 

女「ほら、お腹のこのあたりとか、ぷにぷにしてる」

 

男「やめんかい!……太ってないよ、べつに」

 

女「本当?」

 

男「うん、少し前に会社の健康診断があったけど、体重もたいして変わってなかったし。担当医からも『100点満点のカラダね。前に来たメタボリックさんにみせてあげたいわ』って言われたもんね」

 

女「ふ~ん(信用していない声色)。フルマラソンを完走したころって、もっとスリムだった気がするけど」

 

男「そりゃそうでしょ。あの時は一番走りこんでいたもん。ボクサーだって、試合前の体重をずっとキープするわけじゃないのよ?本番に向けて体を研ぎ澄ましていくんだよ」

 

女「ふーん」

 

男「……まあ?なに?最近寒いし、風邪をこじらせたりしていたから、運動していなかったんだよね。だから、多少筋肉が衰えたかもしれないけど」

 

女「足の毛をそるからでしょ(笑)それに、食生活めちゃくちゃだからでしょ。一人暮らしの男はこれだから――」

 

男「いや、別に食生活は問題ないよ。ちゃんとコントロールしてるし」

 

女「コントロール?普段何食べてんの?」

 

男「なんだろうね。自分でも何を食べてんのかよくわからないな(笑)まあ、いいじゃん。若いんだし」

 

女「いいわけないでしょ。どうせ自分で作ったお菓子ばっかり食べてるんでしょ?バターと砂糖たっぷりのやつ。それに、お酒!お酒ばっかり飲んでんでしょ?」

 

男「いいとこついてるねえ。そこにチョコレートと緑茶とコーヒーを加えたら、90%くらい網羅できてるよ」

 

女「なに馬鹿なこと言ってんのよ。今は良くたって、そんな食生活続けてたら、年を重ねたときに大変なことになるわよ。もっと栄養とかに気を使ってよ」

 

男「あのさあ、君は僕のお母さまですか?……だってしょうがないじゃない。お菓子作りはやめられないんだもの。当然、出来上がった作品を食べないのはもったいないでしょ?唯一の趣味を奪わないでほしいね」

 

女「会社の人に配ったら?昔はそうしていたじゃない」

 

男「特定の人に配ると、全員に配らないといけないでしょ。『あ、あいつ、ヤマダには配ったのに俺にはくれなかった』とか。口に出さなくたって思うもんだよ。そういう気づかいが面倒くさいの」

 

女「そういうもんかしらねえ?じゃあ、お酒をやめなさい」

 

男「お酒はもっとやめられません。知ってるくせに。お酒をやめると心を病めるよ?心を病めると会社を辞めるよ?」

 

女「屁理屈ばっかり!」

 

――

 

こんな会話を、いったい何度したことだろう。

 

お菓子作りは確かに楽しい。もはや趣味と言っても問題ない領域に突入したと思っている(いいでしょ?)。

 

 

……ただ、お菓子作りに際して2つの悩ましい問題が生じている。

 

 

1つは廃棄問題である。

 

f:id:yakiimoboy:20161211175540p:plain

 

 たいていの場合、作ったお菓子をすべて完食するわけではない。作ったお菓子をしばらく冷蔵庫や冷凍庫に入れる。

 

……しかし、全部消化しないうちに次のお菓子を作ってしまう。食べるよりも、作るほうが好きなのである。結果、家じゅうがお菓子だらけになってしまう。こうなると、前に作ったお菓子を捨てることになってしまう。この作業は、非常に悲しいものがある。それでも、腕を磨くためにはやむを得ないのかもしれない。

 

パティシエは、修行中、作って少しだけ食べては捨てる、を繰り返すという話を聞いたことがある。もったいないけど、そういうものだと割り切り切る必要があるのかもしれない(パティシエと同列にするのはおこがましいが)。

 

 

 

もう一つは健康上の問題である。

 

f:id:yakiimoboy:20161211175600p:plain

 

 

上記のように、作ったお菓子を捨てている。しかし、ある程度は食材に敬意をこめて食べるようにしている。

 

当然、こうなると体重が増えるわけである。今のところ、多少ランニングとかしてるからいいけど、この運動をやめたら、体重は一気に増えることだろう。

 

ある意味で

 

モッタイナイ

 

という思考を捨てる必要があるのかもしれない。――でも、それもなんだかねえ。

 

 

 

うーん、お菓子作りの専門家はスリムな人たちがたくさんいるけど、ここら辺の問題をどう解決しているのだろうか。やっぱり、『作ること』と『食べること』を切り離しているんだろうか?

 

 

この2つの問題はいつもお菓子作りに付きまとう。

 

 

ーー

 

女「二つじゃないわよ。あと一つ、大きな問題があるんですけど」

 

男「ん?」

 

女「お金よお金。お菓子作りにお金かけすぎでしょ?いろんな器材や材料を買ってるじゃない。それだって馬鹿にならないんだからね」

 

男「あ、それは別に問題じゃないです」

 

女「どうして?」

 

男「あのね、社会人の場合、どんな趣味だって、お金は一定程度かかるもんだよ。それって、お菓子作りだけに限らないじゃん。君だって、旅行が好きで一気に何万円もお金かけてるじゃない。別に僕だけが趣味に浪費している人間、というわけじゃないと思います」

 

女「うまいこと言うわね」

 

男「じゃあ、こう考えてみてよ。僕が風俗で数万円使って快感を得るのと引き換えに、お菓子作りにお金をかけて快感を得ているわけ。どう?どっちがいい趣味だと思うよ?私は断然、お菓子作りだと思うなあ」

 

女「……意味わかんない。そのお金を『君が喜ぶ顔をみるために使う』、って言ってくれる方が、よっぽど立派な彼氏だと思うよ」

 

男「……うまいこと言うね」

 

 

まあ、それは言い返せませんねえ……(苦笑)