「まくら」営業、はじめました。

営業職の男です。「まくら」を極めて営業のタツジンになりたいのです。

知らなかった世界

 

 

火曜日。

 

 

雨。まだ、寒いのだか暑いのだかハッキリしない天気。ただ、ジメりとしていることは明確だった。

 

 

この日は内勤業務中心。ただ、仕事があまりなかった(気が向かなかった)ので、終業時刻になると、早めに帰社。十九時前に帰宅。

 

 

(こんな日は、軽く走るか)

 

 

 ストレッチをした後に、外に出てランニング。走るコースは、いつもの河川敷。ただ、平日の夜に走るのは久しぶりだった。平日の夜は仕事を言い訳にさぼるため、土日か、平日の朝に走ることが多いのである。

 

 

――

 

この時間でもまだ外は明るい。まあ明るいといっても、曇り空のため、なんだかどんよりとした空気。時間のせいか、天気のせいか、私以外、だれも走っていない。人通りも少なく、ごくたまに、ご老人がとぼとぼと歩いているか、釣り糸を垂らしている人が目に映るだけである。

 

(――この時間帯は、なんだか寂しい雰囲気だなあ)

 

私自身、身体が真剣に走るモードにならないのか、ペースはいつも走るよりも大分ゆっくり。

 

まあ、ゆっくり走るのも悪くない、と、落語を聞きながら、呼吸が変わらないペースに走った。湿気ているせいか、ゆっくり走ってもあっという間に汗ばんでくる。

 

 

――

2km走ったあたりで、黒い塊が目に入る。

 

f:id:yakiimoboy:20170627221748j:plain

 

(……なにあれ?)

 

近づいてみると、塊の正体がすぐにわかる。

 

f:id:yakiimoboy:20170627221757j:plain

 

「あら、亀だわ!」

 

と珍しい出会いにはしゃいでしまい、つい写真を撮ってしまう。いつも土日に走るときに亀を目撃したことなどなかった。亀は私の存在に驚いてしまったのか、首を引っ込めている。

 

 

少しばかり亀を観察した後、私はランニングを再開した。そして、落語を聴きつつ、ぼんやりと考える。

 

 

(小学生のころ、俺も亀を飼ってたっけ。おじいちゃんが水槽で世話していたんだよね。もともと小さかったのに、あっという間にでっかくなって。でも、いつの間にかいなくなっていたんだよな。あの時は、「動物は死を悟ったら、自然と飼い主から離れていくんだよ」なんて、じいちゃんが言っていたような。「亀は万年」って言うのが嘘って、結構早い段階で知っちゃったんだよね。――そういえば、結局あの亀って、何年生きたんだろう?……さっきの亀も、もしかしたら死を悟った亀だったのかしら。それで、飼い主から離れていたところだったのかしら?……まさかね)

 

まるで根拠のないことを妄想する。ペースがゆっくりだからだろうか、頭の中での独り言がいつもより多い。

 

――

 

4㎞ほど走り、まもなく外が暗くなりそうな頃。

 

f:id:yakiimoboy:20170627221807j:plain

 

(あ、あれは猫。亀の次は猫か)

 

 

f:id:yakiimoboy:20170627221817j:plain

 

立ち止まり、ついまた写真を撮る。

 

(この河川敷、夜になると動物が結構いるのね)

 

私が写真を撮っていても、逃げる様子のない猫。人に慣れているようにも見える。草っぱらからコンクリート歩道のところまで降りて近づいてくる。

 

(あらかわいらしいわあ)

 

f:id:yakiimoboy:20170627221729j:plain

 

 

 

 

(あ、首輪してるんだ。……ん?なんか書いてある)

 

 

首輪は大分古いものらしい。暗くてよく見えなかったので、顔を近づけてみる。

 

 

そこには、

 

 

f:id:yakiimoboy:20170627221852j:plain

 

 

 

 

サワルナ

 

 

 

(……サワルナ?触るな?……サワルナ……)

 

 

強い言葉遣いの首輪と、対照的にのんびりしている猫は、なんだか不釣り合いで気味が悪くなった。

 

私はこれまで来た道を引き返した。少しだけペースを上げて。

 

 

振り返ると、猫はまだ歩道にたたずんでいた。

 

――

 

帰り道、あっという間に暗くなった視界には、猫や犬の姿がシルエットのように目に入る。数はさっきよりもずっと多い。

 

 

いつも、土日に走るときに

 

野犬注意

 

という看板が目に入っていた。それを見るたびに、そんなものはどこにいるんだ、と鼻で笑っていた。だが、私の知らなかった世界は、場所を変えずとも、時が変わった際に現れるものらしい。

 

 

帰路、再びあの亀に出会う。

 

f:id:yakiimoboy:20170627225337j:plain

 

さっき出会った場所から大分離れていたように感じる。私は反射的に写真を撮ってしまった。

 

(もしかして、この亀も……?)

 

 

 

 

かつての我が家の亀の記憶と、目の前の亀を照らし合わせる。

 

 

 

(……当時の亀、本当に寿命だったのかなあ。)

 

 

根拠はまるでないけど、少しだけ胸騒ぎを覚える。

 

 

f:id:yakiimoboy:20170627221902j:plain

 

 

曇り日の夜、帰り道は身体がすっかり冷えてしまった。