「まくら」営業、はじめました。

営業職の男です。「まくら」を極めて営業のタツジンになりたいのです。

自由からの迷走

 

人は自由を得たのち、いくらかの歳月を経過しないと、自由を用いる方法を知らないものだ。

トーマス・マコーレー

 

f:id:yakiimoboy:20180204174723p:plain

 

 

2月4日。昼過ぎ。

 

試験官「はい、以上になります。皆様お疲れ様でした」

 

(……嗚呼、終わっちゃった)

 

 

――

 

帰り道。会場から駅までの間、ツレに電話。

 

「あ、もしもし」

 

ツレ「あ、もしもし。試験、どうだった?」

 

「うん、かくかくしかじかって感じ」

 

ツレ「あ、そう……まあお疲れ様。今日はゆっくり休みなさいよ。これからどうするの?」

 

「……うーん、とりあえず、家に帰る」

 

ツレ「どこかに寄らないの?」

 

「別に寄りたいところもないしね。今は何にも考えたくない。――じゃあ、電車乗ります」

 

 

本日はとある試験があった。結果は正直よくわからない。ただ通知を待つのみである。

 

 

――

 

帰りの電車、悶々と時間を過ごす。昂揚感があるのに、なんだか気持ちが晴れないというか、そわそわするというか、じっとしていられないというか、だれかと話したいけどやっぱり話したくないというか、……。

 

 

 

(――なんか、今、無性に叫びたい)

 

 

 

思春期のころって、毎日こんな気分だったのだろう。多分だけど。

 

 

 

ーー

 

f:id:yakiimoboy:20180204174931p:plain

 

店員「あ、すみませ~ん。今フリータイムで全部屋使用中でして~」

 

「……あ、そうですか。わかりました」

 

店員「またのお越し、おまちしておりまーす!」

 

「ええ(カラオケに行こうなんて思うこと、もうしばらくないからな!)」

 

 

カラオケでこのモヤモヤ感を発散!――いいアイデアだと思ったのだが。

 

――

 

f:id:yakiimoboy:20180204190232j:plain

 

帰り道、あるカフェに入る。

 

少し遅めの昼ごはんということで、ホットドッグとコーヒーを注文。ホットドッグが運ばれるまでコーヒーを飲みながら一服。

 

(せっかくだし、ゆっくりと日記でも書こうかな。文章にすれば気分が晴れるかもしれない)

 

日記を書こうと思ったその時、

 

 

店員「いらっしゃいませ~」

 

f:id:yakiimoboy:20180204174538p:plain

 

 

い「あ、空いてる空いてる!」

ろ「ラッキーっすね!全員入れる入れる」

は「注文まとめて頼んじゃって~」

に「人数分って、みんなブレンドコーヒーでいいの~?」

ほ「いや、あたしミルクティーにして~」

へ「私抹茶ラテね」

と「俺、なんか食いたいなあ」

ち「俺、ホットドッグ食いてえ」

り「私パスタ食っちゃおうかな」

ぬ「ねえ、ここwifi使える?」

る「おれタバコ吸ってくる」

を「あ、おれもおれも」

 

がやがやと店内に入ってくる若者たち。私が入ったときにはほとんど客がいなかったのに、周りを見渡すとすっかり満席状態。私の席の周りを若者が取り囲む。

 

(……)

 

店員「ホットドッグ、お待たせいたしました」

 

(……)

 

 

私はホットドッグを早々に平らげ、コーヒーを一気に飲み干す。そして、店を出る。

 

 

店が悪いんじゃない。若者たちが悪いわけでもない……んだけどね。

 

――

 

家までの帰り道、何か気分が晴れそうなものを探す。

 

マンガ喫茶って気分でもないし、パチンコは面白さがわからないし、昼から酒を飲むほど大人じゃないし、かといってまたカフェに入るのはバカバカしいし。そもそも、さっきホットドッグ食べたから何も食べたくないし。どこか遠くに行く気力もないし、本を読む気にもなれないし、DVD借りに行くのもめんどくさいし、女の子の店は……聖人なのでよくわかんないし)

 

と、歩いていると

 

f:id:yakiimoboy:20180204174428p:plain

 

「うわ!……びっくりした……」

 

鳩のナキガラを見つける。鳩はよく見かけるが、ナキガラ姿は初めて見た。

 

(……これってなんだか、ついてないなあ。……やっぱり帰ろ)

 

心の中で手を合わせ、結局、帰宅。

 

――

 

試験前まで使用していた資料などを片付け、ぼんやりとテレビを観る。時間はみるみる過ぎていく。

 

(――あ、クリーニング取りに行くの忘れてた)

 

近所のクリーニング店に行ってワイシャツを引き取りに行く。その帰り道、ふと、

 

(……日記、やっぱり書こうかあ)

 

と再び思う。

 

――

 

 晩御飯を食べながらこの日記を記す。晩御飯はビールとスナック菓子と冷や奴(1丁)。あとはメインデッシュで鶏のモモ肉ステーキ(塩コショウを振ってオーブンに放り込んだだけ)。

 

 

……地味すぎる自由の使い方。でも、試験が終わった後のビールはこれまた美味いから、まあ、いいのかな……あぁ。

 

 

以上、文章の通り、気の抜けた状態です。イベント終了後にパーッとできる人がうらやましいなあ。私もできれば欲望を全開にしてみたいものである。まあ、全開にしたらしばらく解放しっぱなしになっちゃうから、ある意味、今の状態くらいの方がいいのかもしれませんが。

 

 

また頑張れる何かを探さないと……あ、英語以外がいいかなあ(笑)