「まくら」営業、はじめました。

営業職の男です。「まくら」を極めて営業のタツジンになりたいのです。

(場合によっては)コミュニケーション改善の答えは、パソコンを買うことにあった


f:id:yakiimoboy:20190303142652p:plain:w300

彼女との電話(よくある例)。


「あ、もしもし?今度の旅行の件なんだけど」

「ああ、うん」

「メール見てくれた?旅行計画表送ったんだけど」

「うーん(テレビを観ながら相づち)」

「どう思った?そっちも行きたいところがあったら、まだ変更きくからいってね」

「あぁ、ごめん、まだ見てなかった」

「・・・まだ?3日前に送ったんだよ?」

「うん、今見てるよ~(スマホでメールを開くが、エクセルファイルなので見づらい。おまけに、知らない地名や場所の名前で興味がわかない)」

「どう?」

「・・・うーん。いいプランなんじゃないまあ、任せるよ」

「・・・なにそれ」

「いやあ、正直よくわかんなくてさ。こっちでもちゃんと調べておくよ」

「もういい!」

「いやゴメンゴメン、ちゃんと見るから・・。あ、五分たつから切るね(※)」

※無料電話時間が5分のスマホを使っている。


つぎかけても電話がつながらない、もしくはつながっても沈黙が続くーーこんなことがしばしばである。上の会話は本当に日常アルアルである。



遠距離の関係上、主なコミュニケーションツールは電話となる。

・・・しかし、顔の見えないコミュニケーションというやつはどうも苦手だ。顔が見えないことをいいことに、違うことをやれてしまうし、何より顔が見えないので相手の気持ちがわかりにくくなる。それに、無料電話の時間に制約があるのも面倒でしょうがない。

まあ、言い訳と言われれば反論の余地がないのだが・・・。それにしても、こんなズタボロのコミュニケーションが続いたにも関わらず、よく彼女は私を見捨てなかったものだ。きっと私には、口数の少なさを補ってあまりある何かがあるということだろう(経済力、高身長、幅広い人脈、顔面偏差値、優しさ、気遣い、語学力以外の何かであることは間違いない)。


ーー

日曜日の昼。

パソコンを取り出し、彼女に電話をかける。

「あ、もしもし?準備できた?」

「うん、今起動した」

「じゃあ、電話するねーーおお、電話が発信されたぜよ!」

「え、うそ、まだきてないけど・・・・あ、きたきた!じゃあ、スマホは切るね」

「おお、顔が見えるぞ顔が!そっちは映ってる?」

「え、映ってないよ?ちゃんとカメラモードにしてよ」

「あ、ごめんごめん、えーとーーあ、これか!ほれ」

「あ、映った映った!あとさ、これ押せば私のパソコン画面も見えるんじゃない?」

「本当だ!すごいなあスカイプってーーこれが無料なんでしょ?時代は進んでるわ~」

「いや、まあビデオ通話ならラインでもできるんだけどね」

「ラインってすごいなあ。俺もラインやってみようかなあ~(※2))」
※2 私はラインをやっていない。使い方がよくわからないのと、友達があんまりいないから。



「じゃあさ、私の画面映すから、旅行行程表見ながらスケジュール確認しようよ」


というわけで、この日、いつも5分続かない電話が1時間続く。本当に、便利なツールが世の中にたくさんあるんだなあ、と改めて実感したのであった。



ーー平成も終わるというのに、2019年にこんな日記を書いている私って、大分時代遅れですね(笑)


まあ、別に、パソコンじゃなくてもスマホでもできたんだろうけど、パソコンを手に入れた喜びが私をスカイプへと突き動かしたのである。彼女とのコミュニケーションが改善されただけでも、パソコンを買った意味があったというものであろう。やっぱりパソコンを買って良かったなあ。



いやあ、パソコンを手に入れたことがうれしくてしょうがない毎日です。ああ楽し。単純?