「まくら」営業、はじめました。

営業職の男です。「まくら」を極めて営業のタツジンになりたいのです。

タイトルなんてあるわけナシ

 

 

 

 

今日は資格試験だった。

 

 

――いやあ、ようやく終わった。今年一番の重労働だったように思う。頭が良くないので、体を動かすより頭を動かしているほうがかなりエネルギーを使う。

 

 

個人的なことながら、これまでの人生、試験を受けると、大体

 

今回はダメだったな

 

とか

 

今回は受かったな

 

というのが試験終了後にわかってしまっていた。唯一わからなかったのは、大学受験のころだったかな。大学受験のころは――(ながくなるのでやめるが)試験後に合否の予想がある程度ついていたわけである。

 

――でも、今回の試験は正直よくわからん。

試験勉強の為に会社を数日休んで勉強した(いつか、そんな日記も書いたなあ) 。それ以外の土日も、勉強に時間を費やした。平日も酒を断って、仕事終わりに勉強したっけ。我ながらよく頑張ったと思う。

 

 

――でも、本来ならば、「数週間前から頑張っている」時点で既に対応がかなり遅れているような試験内容だった。要するに、ちょっと難しかったんです。

 

落ちているといわれたら、まあしょうがないか、って思うし、受かっていたら、嗚呼受かっていたか、ヨカッタヨカッタ――て思うだろう、と思う。でも、今回は本当によくわからない。そんな試験だった。

 

 

……受かっていてほしいなあ。でも、わかんないな。こんな気持ちは大学受験を終えた高校生ぶりの感覚。高校生の頃も、大学受験がうまくいったのか、その当日はよくわからなかったなあ。こんな気持ちを味わえるから、試験って楽しいんですよね。心に潤いが与えられて楽しかったです。(結果は11月下旬。気になる日々がまた続く)。

 

 

 

オチもなく、内容もなく……今日は久しぶりに酔うぜ~って言ってみたり。

 

 

 

 

 

明日からまた気を引き締めて頑張ります。